CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
次回公演           南船北馬「さらば、わがまち」 
日時:2018年3月2日(金)19:30         3日(土)15:00★/19:00         4日(日)11:00/15:00                                                                         ★の回は小学生未満のお子様とご一緒に観劇いただけます。但し、作品は大人向けです。会場の出入りは自由です。席を必要とせず膝上観劇の場合は料金は不要です。                                                                                                                                                                会場:ウイングフィールド       大阪市中央区東心斎橋2−1−27周防町ウイングス6階            TEL 06−6211−8427 地下鉄堺筋線「長堀橋」駅Ы亳より南へ3分。地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅出口より東南へ10分。
出演者
門田草(子宮男子),姜愛淑,木下菜穂子、恒川昌昭、三澤健太郎、森田かずよ、 山口文子
スタッフ
作・演出:棚瀬美幸、         舞台美術:柴田隆弘、         照明:葛西健一、 音響:大西博樹、  舞台監督:塚本修、 制作:尾崎雅久、協力:石垣佐登子、宣伝美術:岸本昌也、ドラマツルグ:河村都          
チケット料金・チケット取り扱い・問い合わせ
一般前売:2500円。一般当日:2800円。高校生以下:1500円。        ペア(前売のみ):4000円。       南船北馬 nannsenn_hokuba@yahoo.co.jp   TEL&FAX 06−6730−1773 
Corichチケット! 予約
Search this site


劇作家・演出家 棚瀬美幸の演劇ユニットです。
公演情報や稽古場風景をお伝えします。

南船北馬一団として活動をしてきた11年間に終止符を打って2年後の2009年10月に、「それでもワタシは空をみる」で再出航公演を行いました。
2010年8月9月には、「4のシ点」という、東西・南北と分けた女優2二人芝居を2作品を上演。
2011年9月には、平成生まれの若者との「ワタシのジダイ」、
2012年2月には、昭和初期生まれのシニア世代との「ワタシのジダイ〜昭和生まれ編〜」、
2014年3月には、「ワタシのジダイ」シリーズ最終編として、同時代(30代40代)の俳優との「いきおい」を上演。
2015年2月には、子育て中の女性とともに「わがまま」を上演。
2016年2月には、夢を持てなくなった時代を描いた「これっぽっちの。」を上演。
2017年2月には、女優5名による「赤い靴はいて」を上演。

そして、次回の劇団本公演は、2018年3月に大阪・ウイングフィールドにて「さらば、わがまち」を上演いたします。

劇団ではないため、定期的に公演をするわけではありませんので、お見逃しなく。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
「さらば、わがまち」終演しました。

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

 

「さらば、わがまち」が無事に幕をおろしました。

ご来場くださった皆様、関わってくださった皆様、本当にありがとういございました。

 

出演してくださった8名には本当に感謝しております。

この作品は、8名の方の健全なる力が産んでくださったものです。

 

舞台写真を少し。

いえ、かなりいっぱい。

 

また、どこかの時代に、どこかの町で!!

 

再演依頼、お待ちしています。

出演者さんやスタッフさんのご都合さえあえば、どこへでも出張いたします。

 

 

 

 

posted by 南船北馬 | 23:26 | さらば、わがまち | comments(0) | trackbacks(0) |
「さらば、わがまち」、明日が楽日です。

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

 

 

南船北馬「さらば、わがまち」、明日3月4日が楽日です。

11時と15時になります。

上演時間は90分です。

 

10月末の出演者オーディションを経て、

どっぷりと出演者さんのお話を伺ってきました。

これでもう話を伺う理由がなくなるのかと思うと寂しいです。

語ってくれたこと、あえて語らなかったこと、

語りたくても語れなかったこと、語りたくなかったのに語ってしまったこと、

いろんな語りを受けての作品です。

 

このメンバーでなければできなかった時間の凝縮が作品となっています。

 

演劇は稽古という膨大な時間の上に成り立っています。

だからこその、密で自由な時間。

ご来場くださったお客様と一緒に共有したい時間。

それは、”まち”という名の世界を考える時間でありうる作品でありたいです。

 

楽日、当日券も販売します。

ウイングフィールドでお待ちしております。

posted by 南船北馬 | 01:33 | さらば、わがまち | comments(0) | trackbacks(0) |
「さらば、わがまち」初日あけました。

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

 

南船北馬「さらば、わがまち」初日が開けました。

多くのお客様にご来場いただき、ありがとうございました。

狭い席となってしまい、申し訳ありませんでいsた。

 

3月3日(土)15時の会は子連れ可能ステージとなっており、静かな環境での観劇ではないことをご了承ください。

車椅子でのご来場や、台本貸し出しなどご希望の方は、事前に劇場06−6211−8427にお電話くださいますようお願いいたします。既にメールやコリッチや関係者にお伝えくださっていれば大丈夫です。

 

3日と4日のステージはまだ余裕がございます。

ご予約・ご来場お待ちしております。

 

posted by 南船北馬 | 23:35 | さらば、わがまち | comments(0) | trackbacks(0) |
「さらば、わがまち」、毎日新聞に掲載していただきました。

昨日3月1日(木)の毎日新聞夕刊に載せていただきました。

 

上演時間は90分です。

 

マイノリティーって何?

道徳ではありません。

この町の”あなた”のストーリーです。

 

難しくはないです。

どうぞ笑ってください。

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

 

 

posted by 南船北馬 | 00:39 | さらば、わがまち | comments(0) | trackbacks(0) |
「さらば、わがまち」初日です。

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

 

「さらば、わがまち」の上演がとうとう本日、3月2日となりました。

初日2日19:30のステージも当日券を販売いたします。

当日券は18:45よりの販売となります。

自由席となっておりますため、初日にお越しのお客様は、早めのご来場をお勧めいたします。

また、靴をぬいでお上がりいただくことご了承ください。

貸し出し台本希望や、車椅子でのご来場など、ご要望がありましたら、ご連絡くださいませ。

直前の場合は劇場への電話も可能です。

 

他のステージ

3日15:00、19:00

4日11:00、15:00

は、お席に余裕がございます。

ぜひご予約ください。

 

色々な魔物とともに作品を創ってきました。

公演の成功を祈ってくれる魔物とともに幕を開けたいと思っています。

 

 

posted by 南船北馬 | 00:28 | さらば、わがまち | comments(0) | trackbacks(0) |
「さらば、わがまち」初日前売り完売

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

 

「さらば、わがまち」の初日3月2日(金)19:30の前売りが完売いたしました。

当日券のご用意ができるかは、増席できるかによりますため、当日券をご購入検討くださる方は、当日、劇場06−6211−8427にご連絡ください。

 

他の日は全て、お席ございます!

3日(土)15時(子連れ可能ステージ。静かな環境ではないことをご了承ください)、19時、

4日(日)11時、15時

 

現在は、3月4日(日)15時の千秋楽が、お席に余裕が一番あります。

 

全て自由席なので、早めのご来場をお勧めいたします!

posted by 南船北馬 | 22:21 | さらば、わがまち | comments(0) | trackbacks(0) |
「さらば、わがまち」朝日新聞に掲載していただきました。

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

 

「さらば、わがまち」の初日が5日後になりました。

10月末に行った出演者オーデイションで出会った8名の方と、様々なワークをして書き上げた台本です。

2月22日の朝日新聞夕刊に掲載していただきました。

 

3月2日19:30が一番人気。

3月3日19:00が一番余裕あり。

 

土曜の夜がお勧めです。

上演時間は90分を予定しています。

 

posted by 南船北馬 | 06:12 | さらば、わがまち | comments(0) | trackbacks(0) |
「さらば、わがまち」、大阪日日新聞に掲載していただきました。

先日(2/21)の大阪日日新聞に載せていただきました。
来週末です。
まだどのステージもお席ありますが、初日3/2(金)19:30の回が、一番人気のようです。
3/3ひな祭りの15時も回は、未就学児同伴無料です。静かな環境での観劇ではないこと、ご了承ください。
10分のバトル6本だけではなく、そのあともあります。
上演時間は90分を予定しています。
ご予約お待ちしております!!

チケット料金 前売2,500円 当日2,800円 
ぺア(前売のみ)4,000円 高校生以下1,500円
チケット取り扱い 
Corich http://ticket.corich.jp/apply/88295/

 

 

posted by 南船北馬 | 08:42 | さらば、わがまち | comments(0) | trackbacks(0) |
「さらば、わがまち」の作品紹介

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

 

■公演趣旨

 

何らかの社会的マイノリティーや、多数派から疎外される要因を抱えながらも、自己や他者を肯定し生きる人々をオーディションで募ることにより、現代社会での生き方を探る。

ソートン・ワイルダーの「わが町」を踏まえ、オーディション参加者の経験を織り交ぜたエピソードを積みあげ、日常の裏に潜む社会の冷酷さ、潜在的な差別意識、人間の生の儚さと弱さを、何気ない生活の断片から描いていく。

 

今日の被害者は、明日の加害者となる。おごれるものも久しからず、いつかは逆転する立場。

いつまでも、このまま、このまちにしがみついていることはない。

自ら選び取ったものを守るために、何かを手放すことを決断した人々を描く群像劇。

 

 なぜワタシたちはここにいるのだろう。

 

                                       

あらすじ

 

ソートン・ワイルダーの「わが町」の進行役の役割に、トランスジェンダーである出演者を配し、

聾者、身体障がい者、LGBT、在日朝鮮人、日雇い労働者、元エリート会社員、シングルマザーの8名の生き方を虚実織り交ぜて描いています。

 

日々の生活で生きにくさを感じる、車椅子生活と耳の聞こえない生活。

見た目には生きにくさを表出していない、性的マイノリティの葛藤。

被差別である意識なく生活できていると思いたい、在日朝鮮人の内面。

大手企業技術職からあいりん地区職業安定所パートに転身した元エリートと、トイレ・シャワー・炊事場共同の家賃1,8万のアパートで日銭を稼いで生きている若者の人生観。

4度の結婚を経て離婚調停中のシングルマザーの苦悩。

 

カップルの日常の一コマ。バイト先での一コマ。買い物中の一コマなど、何気ない日常の一コマを、トランスジェンダーである進行役が独自の解説を交えながら、進行させていく。

その中、差別意識と被差別意識、健全な生活と不健全な生活、嫉妬と欲望が露わになっていく構成となっています。

 

 

posted by 南船北馬 | 14:51 | さらば、わがまち | comments(0) | trackbacks(0) |
「さらば、わがまち」予約受付中!

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

 

初日まで2週間を切りました。

間もなく、これまでにアンケートをご記入いただいたお客様にDMが届くかと思います。

ぜひそれまでに、ご来場日時が決まられてる方はご予約くださいませ。

左下のコリッチで予約できます。

車椅子来場、未就学児同伴、聾者のための台本貸し出し希望などありましたら、

コリッチのメモ欄か、劇団へメールをお願いいたします。

 

posted by 南船北馬 | 08:45 | さらば、わがまち | comments(0) | trackbacks(0) |