CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
次回公演           南船北馬「赤い靴はいて」 
日時:2017年2月17日(金)19:30         18日(土)14:00★/19:00         19日(日)14:00                                                                         ★の回は小学生未満のお子様とご一緒に観劇いただけます。但し、作品は大人向けです。会場の出入りは自由です。席を必要とせず膝上観劇の場合は料金は不要です。                                                                                                                                                                会場:ウイングフィールド       大阪市中央区東心斎橋2−1−27周防町ウイングス6階      ●●●●● TEL 06−6211−8427 地下鉄堺筋線「長堀橋」駅Ы亳より南へ3分。地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅出口より東南へ10分。
出演者
上島よう子(本若)、桂ゆめ(俳優座)、木下菜穂子、高橋映美子、武田暁
スタッフ
作・演出:棚瀬美幸、         舞台美術:柴田隆弘、         照明:葛西健一、 音響:大西博樹、  舞台監督:河村都  制作:尾崎雅久、協力:石垣佐登子、宣伝美術:松本久木          
チケット料金・チケット取り扱い・問い合わせ
一般前売:2500円。一般当日:2800円。高校生以下:1500円。●●●●●●●●南船北馬 nannsenn_hokuba@yahoo.co.jp   TEL&FAX 06−6730−1773 
Corichチケット! 予約
Search this site


劇作家・演出家 棚瀬美幸の演劇ユニットです。
公演情報や稽古場風景をお伝えします。

南船北馬一団として活動をしてきた11年間に終止符を打って2年後の2009年10月に、「それでもワタシは空をみる」で再出航公演を行いました。
2010年8月9月には、「4のシ点」という、東西・南北と分けた女優2二人芝居を2作品を上演。
2011年9月には、平成生まれの若者との「ワタシのジダイ」、
2012年2月には、昭和初期生まれのシニア世代との「ワタシのジダイ〜昭和生まれ編〜」、
2014年3月には、「ワタシのジダイ」シリーズ最終編として、同時代(30代40代)の俳優との「いきおい」を上演。
2015年2月には、子育て中の女性とともに「わがまま」を上演。
2016年2月には、夢を持てなくなった時代を描いた「これっぽっちの。」を上演。

そして、次回の劇団本公演は、2017年2月に大阪・ウイングフィールドにて「赤い靴はいて」を上演いたします。

劇団ではないため、定期的に公演をするわけではありませんので、お見逃しなく。
<< 次回公演の情報 「赤い靴はいて」 | TOP | 「赤い靴はいて」稽古風景1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
出演者写真とあらすじ

公演の1ヶ月前となりました。

美人女優さん5名との稽古場は華やかです。

 

あらすじと集合写真です。

ご予約お待ちしております。

 

 

 

 

 

姉妹の実家の階段。
女教師の職場である中学校の階段。
母親を預けた老人ホームの階段。
三場の階段を舞台に繰り広げられる、現実と理想が交錯するアラフォー女性の物語。


一度は家を出て再び出戻った母親。その母親に似ている姉と、家を守ることだけに人生を捧げた父親似の妹。二人の間の確執は、母親の介護とともに深くなる。
子どもを欲しいと思いながらも、教師の仕事に熱中するあまり婚期を逃した女性と、認知症となった義理母の介護、娘の登校拒否などで家庭が崩壊し、仕事もままならなくなった女性。二人の教師の交流と相容れなさ。
一人暮らしの不安をペット愛で代償しようとする派遣社員の女性。唯一の肉親であった母親が要介護状態になることで、裕福であった親の貯蓄に手をつけていく。
環境がプラスに増えていくことを願いながら、一つずつ手離していくしかない五人の女性たち。それでも、彼女たちは、”赤い靴”を脱ぐことができない。一度足を入れたが最後、満たされることなどないと知りながら、でも求め続けるしかない。
女だけの饗宴は、狂おしく、自分という役を演じながら、闇の深さに沈んでいく。

posted by 南船北馬 | 23:27 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 23:27 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://nannsenn.jugem.jp/trackback/134
トラックバック