CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
前回公演           南船北馬「赤い靴はいて」 
日時:2017年2月17日(金)19:30         18日(土)14:00★/19:00         19日(日)14:00                                                                         ★の回は小学生未満のお子様とご一緒に観劇いただけます。但し、作品は大人向けです。会場の出入りは自由です。席を必要とせず膝上観劇の場合は料金は不要です。                                                                                                                                                                会場:ウイングフィールド       大阪市中央区東心斎橋2−1−27周防町ウイングス6階      ●●●●● TEL 06−6211−8427 地下鉄堺筋線「長堀橋」駅Ы亳より南へ3分。地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅出口より東南へ10分。
出演者
上島よう子(本若)、桂ゆめ(俳優座)、木下菜穂子、高橋映美子、武田暁
スタッフ
作・演出:棚瀬美幸、         舞台美術:柴田隆弘、         照明:葛西健一、 音響:大西博樹、  舞台監督:河村都  制作:尾崎雅久、協力:石垣佐登子、宣伝美術:松本久木          
チケット料金・チケット取り扱い・問い合わせ
一般前売:2500円。一般当日:2800円。高校生以下:1500円。●●●●●●●●南船北馬 nannsenn_hokuba@yahoo.co.jp   TEL&FAX 06−6730−1773 
Corichチケット! 予約
Search this site


劇作家・演出家 棚瀬美幸の演劇ユニットです。
公演情報や稽古場風景をお伝えします。

南船北馬一団として活動をしてきた11年間に終止符を打って2年後の2009年10月に、「それでもワタシは空をみる」で再出航公演を行いました。
2010年8月9月には、「4のシ点」という、東西・南北と分けた女優2二人芝居を2作品を上演。
2011年9月には、平成生まれの若者との「ワタシのジダイ」、
2012年2月には、昭和初期生まれのシニア世代との「ワタシのジダイ〜昭和生まれ編〜」、
2014年3月には、「ワタシのジダイ」シリーズ最終編として、同時代(30代40代)の俳優との「いきおい」を上演。
2015年2月には、子育て中の女性とともに「わがまま」を上演。
2016年2月には、夢を持てなくなった時代を描いた「これっぽっちの。」を上演。
2017年2月には、女優5名による「赤い靴はいて」を上演。

そして、次回の劇団本公演は、2018年3月に大阪・ウイングフィールドにて「さらば、わがまち(仮)」を上演いたします。

劇団ではないため、定期的に公演をするわけではありませんので、お見逃しなく。
<< 出演者写真とあらすじ | TOP | 「赤い靴はいて」掲載記事1 >>
「赤い靴はいて」稽古風景1

 

「何が幸せなんだろう」と稽古への道すがら、考えざるをえない日々です。

そういう芝居だからです。

 

毎日の仕事があって、結婚していて、子供がいて、親が生きているのならば、幸せなのか。

 でも、契約の仕事は今年で終わりかもしれないし、夫とは喧嘩が絶えずいつ離婚するかも分からず、

 可愛い子供も子供のせいで自分の時間はないし、親は高齢で介護が必要なのも秒読み。

 

毎日の仕事がなくても、結婚していなくても、子供がいなくても、好きなことができていれば、幸せなのか。

 だけど、お金のことで諦めるしかないことは多いし、一人は寂しいし、好きなことも食べていけるわけではなく、

 才能があるのかさえ分からない。

 

好きなことが仕事になっていれば、幸せなのか。

 それでも、好きなジャンルで生計を立てていても、いつまで続くか分からないし、望まない仕事も受けざるをえないし、

 仕事をしている自分としてしか人は自分の存在を認めてくれない。

 

登場人物の幸せ・不幸せを考えると、

どうしても出演者さんや、自分の身近な人、そして自分の境遇に思考はいってしまいます。

何度何度も思いめぐらし、自分で答えを出したはずなのに、それでもまだ問うてしまいます。

そんな芝居です。

 

 

 

 

 

 

 

posted by 南船北馬 | 21:46 | 「赤い靴」について | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 21:46 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://nannsenn.jugem.jp/trackback/135
トラックバック