CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
次回公演     南船北馬  「これ から の町」
2019年12月13日(金)19:30       14日(土)15:30/19:30         15日(日)11:00☆/15:00★                  ★の回は小学生未満のお子様とご一緒に観劇いただけます。但し、作品は大人向けです。会場の出入りは自由です。席を必要とせず膝上観劇の場合は料金は不要です。           会場:ウイングフィールド       大阪市中央区東心斎橋2−1−27周防町ウイングス6階            TEL 06−6211−8427 地下鉄堺筋線「長堀橋」駅Ы亳より南へ3分。地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅出口より東南へ10分。
出演者
岩本苑子(少年王者舘)、桂ゆめ(俳優座)、 高橋映美子、竹内広樹(空間悠々劇的)、 出口弥生、橋本浩明
スタッフ
作演出:棚瀬美幸、舞台美術:柴田隆弘、照明:葛西健一、 音響:大西博樹、映像:飯阪宗麻、舞台監督:河村都、 制作:広瀬ふゆ (有)尾崎商店、協力:石垣佐登子、宣伝美術:岸本昌也、         
チケット料金・チケット取り扱い・問い合わせ
一般前売:2500円 一般当日:2800円 高校生以下:1500円        ★(ソーシャルインクルージョンステージ)は各500円引き。南船北馬 nannsenn_hokuba@yahoo.co.jp   TEL&FAX 06−6730−1773 
Corichチケット! 予約 10月26日13時より発売
Search this site


劇作家・演出家 棚瀬美幸の演劇ユニットです。
公演情報や稽古場風景をお伝えします。

南船北馬一団として活動をしてきた11年間に終止符を打って2年後の2009年10月に、「それでもワタシは空をみる」で再出航公演を行いました。
2010年8月9月には、「4のシ点」という、東西・南北と分けた女優2二人芝居を2作品を上演。
2011年9月には、平成生まれの若者との「ワタシのジダイ」、
2012年2月には、昭和初期生まれのシニア世代との「ワタシのジダイ〜昭和生まれ編〜」、
2014年3月には、「ワタシのジダイ」シリーズ最終編として、同時代(30代40代)の俳優との「いきおい」を上演。
2015年2月には、子育て中の女性とともに「わがまま」を上演。
2016年2月には、夢を持てなくなった時代を描いた「これっぽっちの。」を上演。
2017年2月には、女優5名による「赤い靴はいて」を上演。
2018年3月には、マイノリティーを抱えながら前向きに生きる人々と「さらば、わがまち」を上演。
2018年11月には、「「これっぽちの。」の続編である「これっぽっちのうち。」を上演。

そして、次回の劇団本公演は、2019年12月に大阪・ウイングフィールドにて「これ から の町」を上演いたします。この公演をもって、南船北馬の大阪での公演はしばらくお休みいたします。

劇団ではないため、定期的に公演をするわけではありませんので、お見逃しなく。
<< 「さらば、わがまち(仮)」の出演者募集は、本日までです。 | TOP | 「さらば、わがまち」ご予約開始。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
「さらば、わがまち」出演者決定!

出演者募集オーディションには、多数のご応募ありがとうございました。

出演者が決定し、チラシが間もなく完成予定です。

 

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

 

南船北馬 さらば、わがまち

 

出演:

門田 草(子宮男子)

姜 愛淑

木下 菜穂子

恒川 昌昭

ぶった斬れのベティ(劇団洒落乙)

三澤 健太郎

森田 かずよ

山口 文子 

 

作・演出:棚瀬美幸

舞台美術:柴田隆弘

音響:大西博樹

照明:葛西健一(GEKKEN staff room)

舞台監督:塚本修(CQ)

宣伝美術:岸本くん

制作:尾崎雅久(尾崎商店)

協力:石垣佐登子、河村都

 

主催:南船北馬

 

 

 

2018年3月2日(金)19:30 

      3日(土)15:00★/19:00

      4日(日)11:00/15:00

     ★3月3日15時の回は、小学生未満のお子様と一緒にご観劇いいただけます

            但し、作品は大人向けです。会場の出入りは自由。膝上観劇なら料金不要です。

           事前にお問い合わせください。  

 

※受付開始・整理券発行は開演の45分前。開場は30分前。

※未就学児のご入場は、★の回のみ可能です。

演出の都合上、開演後の入場を制限させていただく場合がございます。

会場は、靴を脱いでお座りいただきます。

※受付から会場までは階段となります。車椅子などでご来場の方は事前入場となりますので、前日までに劇団にお知らせ下さい。

 

会場 ウイングフィールド 

    大阪市中央区東心斎橋2−1−27周防町ウイングス6階

    TEL 06−6211-8427

 

チケット料金 前売2,500円 当日2,800円 

              ぺア(前売のみ)4,000円 高校生以下1,500

 

 

作品内容

「何らかの社会的マイノリティーや、多数派から疎外される要因を抱えながらも、自己や他者を肯定し生きる人」を募っての公演です。

ソートン・ワイルダーの「わが町」を踏まえ(あくまで“踏まえ”ですが)、出演者の経験を織り交ぜた何気ない生活の断片から、日常の裏に潜む冷酷さを表出させます。

 


  

posted by 南船北馬 | 05:50 | さらば、わがまち | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 05:50 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック