CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
次回公演           南船北馬「赤い靴はいて」 
日時:2017年2月17日(金)19:30         18日(土)14:00★/19:00         19日(日)14:00                                                                         ★の回は小学生未満のお子様とご一緒に観劇いただけます。但し、作品は大人向けです。会場の出入りは自由です。席を必要とせず膝上観劇の場合は料金は不要です。                                                                                                                                                                会場:ウイングフィールド       大阪市中央区東心斎橋2−1−27周防町ウイングス6階      ●●●●● TEL 06−6211−8427 地下鉄堺筋線「長堀橋」駅Ы亳より南へ3分。地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅出口より東南へ10分。
出演者
上島よう子(本若)、桂ゆめ(俳優座)、木下菜穂子、高橋映美子、武田暁
スタッフ
作・演出:棚瀬美幸、         舞台美術:柴田隆弘、         照明:葛西健一、 音響:大西博樹、  舞台監督:河村都  制作:尾崎雅久、協力:石垣佐登子、宣伝美術:松本久木          
チケット料金・チケット取り扱い・問い合わせ
一般前売:2500円。一般当日:2800円。高校生以下:1500円。●●●●●●●●南船北馬 nannsenn_hokuba@yahoo.co.jp   TEL&FAX 06−6730−1773 
Corichチケット! 予約
Search this site


劇作家・演出家 棚瀬美幸の演劇ユニットです。
公演情報や稽古場風景をお伝えします。

南船北馬一団として活動をしてきた11年間に終止符を打って2年後の2009年10月に、「それでもワタシは空をみる」で再出航公演を行いました。
2010年8月9月には、「4のシ点」という、東西・南北と分けた女優2二人芝居を2作品を上演。
2011年9月には、平成生まれの若者との「ワタシのジダイ」、
2012年2月には、昭和初期生まれのシニア世代との「ワタシのジダイ〜昭和生まれ編〜」、
2014年3月には、「ワタシのジダイ」シリーズ最終編として、同時代(30代40代)の俳優との「いきおい」を上演。
2015年2月には、子育て中の女性とともに「わがまま」を上演。
2016年2月には、夢を持てなくなった時代を描いた「これっぽっちの。」を上演。

そして、次回の劇団本公演は、2017年2月に大阪・ウイングフィールドにて「赤い靴はいて」を上演いたします。

劇団ではないため、定期的に公演をするわけではありませんので、お見逃しなく。
<< 舞台写真を公開します。 | TOP | 来年の南船 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
事業仕分けについて。
お久しぶりです。
ブログを読んでもらっている方で、もし知らない方がいらっしゃればと、
今巷で人気?不人気?で話題の事業仕分けについてです。


文化予算が、事業仕分け人によって、バッサリ切り捨てられた。

とりまとめのコメントとして、

 独立行政法人・日本芸術文化振興会関係((財)新国立劇場運営財団、(財)お
きなわ運営財団[日本芸術文化振興会からの業務委託]、芸術創造・地域文化
振興事業、子どものための優れた舞台芸術体験事業、芸術文化振興基金事業)
については、圧倒的に予算を縮減したいというのが、私たちのチームのまとめであ
る。

もう一つは、

「芸術家の国際交流」については、予算額を半額としたのが6人、予算額を1/3
縮減としたのが2人であるので、予算額の縮減をWG の結論とする。
「伝統文化子ども教室事業」については、5人の評価者が自治体・民間と評価
し、4 人の評価者が廃止と評価したので、国の事業として行わないことをWG の結
論とする。
「学校への芸術家派遣」、「コミュニケーション教育拠点形成事業」については、
5人が廃止と評価し、3 人が自治体・民間と評価したので、国の事業として行わな
いことをWG の結論とする。

文化庁のホームページでこのことを知ったとき、何もできない自分に苛立っていた。
その日の夜、大阪現代舞台芸術協会(DIVE)を通して、コメントを文化庁に発表することとなった。
そのコメントは、DIVEを通して公開されることでしょう。

今回のことだけではないが、多数決の論理が大手を振ってまかり通る世の中に良いことがあるはずがない。そんな世の中が良いことをするわけがない。良くないことをしでかすに決まっている。
危機感が強くなる。

事業仕分けの俎上に乗せる・乗せないの判断をした財務省にも意義ありだ。

明日は、冬の北海道に入って来ます。明後日戻って、また土曜日に行ってきます。
風邪をこじらせないようにしなくちゃ。

棚瀬美幸


posted by 南船北馬 | 09:14 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 09:14 | - | - | - |
コメント
記事の内容を見て、
大阪現代舞台芸術協会のHPを覗きにいったのですが、
ホームページが全面的にウィルスにかかっているらしく
見れませんでした。。。。。。。。
2009/11/25 08:25 by KIMI
大阪現代舞台芸術協会のHPがウイルスにかかっているとのこと、
ご連絡ありがとうございます。
今、WEB担当者に調べてもらっています。
2009/12/30 11:54 by 棚瀬
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://nannsenn.jugem.jp/trackback/21
トラックバック